みやざきブランド推進本部

みやざきブランド品目の紹介
トップページ >> みやざきブランド品目の紹介 >> みやざきオリジナルスイートピー
商品の特長
 パステル調の色彩が鮮やかな宮崎のスイートピーは、温暖多照な条件を生かして栽培され、全国一位の出荷量を誇る宮崎を代表する花です。
 なかでも「みやざきオリジナルスイートピー」は、他県産地にない本県オリジナル品種で、花の品質が優れることはもちろん、定期的に花の日持ち検査を実施するなど、消費者ニーズに応える高規格スイートピーです。
産地の工夫
〜オリジナル品種の育成〜
 「みやざきオリジナルスイートピー」は県農業試験場の研究員や各産地の生産者が、交配や選抜を行い育成したもので、他県産地になく、オリジナル性にあふれた品種で構成されています。これらの品種は珍しい花色や鮮やかな花色、また従来のスイートピーに見られない珍しい花形の品種であり、どれも花束やアレンジに使用すると目を引く品種ばかりです(品種カタログ)。これら品種の育成は交配から7〜10数年かかる気の長い仕事ですが、市場性が高く、宮崎県の気候に合った品種を育成するため、研究員や生産者は日夜努力を行っています。
〜日持ちのよいスイートピーを届けるために〜
 買っていただいたお客様にできるだけ長く、スイートピーを観賞していただくために、定期的な日持ち検査を行い、その基準を満たしたものを「みやざきオリジナルスイートピー」として出荷しています。
 日持ち検査は温度や明るさを一定にできる日持ち検査室(写真)で実施されており、各産地の担当者が期間毎の基準をクリアできるかを調査しています。万が一、日持ちが基準に満たない切花があった場合には、JA担当者等が原因を調査し、その原因を速やかに改善できる体制も整っています。
スイートピー品種カタログを見る
PDFデータをダウンロードする
商品ブランド認証基準等
■商品ブランド認証基準
(1)他県産地にない本県及び産地オリジナル品種(注1)
(2)出荷期間中に月1回、1品種2検体以上の日持ち検査を実施(注2)
(3)経済連が定める花卉類自主検査標準規格のうち優品以上(小花数が3輪以上、かつ品種本来の形状で曲がりや病害虫が認められないもの)
■商品ブランド産地認定基準
(1)部会組織体制が確立していること
(2)部会全体の栽培面積がおおむね50a以上で、かつ1シーズンでのブランド認証品がおおむね10万本以上出荷が可能なこと
(3)計画的な生産・出荷体制を行なっていること
(4)品質管理、検査体制、クレーム処理等の出荷体制が確立していること
■商品ブランド産地名
JAはまゆう、JA尾鈴、JA日向、JA高千穂地区
注1)オリジナル品種
(1)県内で育成された登録品種(品種登録願が受理された品種も含む)
(2)認定希望産地が申請した部会共有※の産地育成品種で、園芸振興協議会花き部会が色・形状・日持ち等についてオリジナル性が高いと認めた品種
※生産部会内の部会員の概ね1/2以上が栽培する品種または将来的(5年後)には部会全体で栽培が見込まれる品種
注2)日持ち検査の実施
(1)日持ち検査は基本的に産地において自主検査とし、産地の検査室または卸売市場等で行うこと
(2)検査基準は室温18℃、湿度60〜70%程度、明るさ1,000lx程度、日長約12時間
(3)日持ち日数は下表の基準を満たすこと
(4)日持ち検査は総合農試の試験方法に準じて実施すること
※検査全体の全小花数の40%以上にしおれ、落花、シミ、莢の発生等が見られ、鑑賞価値を無くしたと判断された時点を日持ち終了とする。
表1 月別日持ち日数(産地検査室で実施する場合)
栽培ステージ
表2 月別日持ち日数(卸売市場で実施する場合)
栽培ステージ
栽培ステージ