みやざきブランド推進本部

みやざきブランド品目の紹介
トップページ >> みやざきブランド品目の紹介 >> みやざきビタミンゴーヤー
商品の特長
 「みやざきビタミンゴーヤー」は、豊かな太陽の恵みが育んだビタミンC豊富なゴーヤーです。
 野菜のビタミンCは、日射量が多いと増える傾向にあることが分かっており、本県は日射量が全国トップクラスであることから、本県産ゴーヤーには全国標準値(日本食品標準成分表2010値)に比べ、約1.4倍注)のビタミンCが含まれています。
注)宮崎県内で生産されたゴーヤーを宮崎県総合農業試験場及びJA宮崎経済連農産物検査センターにおいて、平成20年1月〜平成26年9月にかけて、合計318サンプルを測定した結果(平均値)です。天候や収穫時期、栽培品種などによって、ばらつきがあります。
商品ブランド認証基準等
■商品ブランド認証基準
  1. 栄養・機能性成分の種類
    「健康」を担保する栄養・機能性成分は、「ビタミンC」とする。
  2. 対象品目
    ビタミンCの含有量について、県下全域で年間をとおして一定数量を超える分析(200検体以上)が実施されており、その平均値が標準値よりも明らかに高く(1.2倍以上)なっていること。
  3. 出荷時期
    商品ブランドとしての出荷時期は、ビタミンCの含有量の県下全域の月別平均値が、標準値を超える時期に限定すること。
  4. 鮮度保持・貯蔵対策
    ビタミンCの含有量の低下を防ぐため、適切な鮮度保持対策や貯蔵対策等が講じられていること。
  5. 含有量のチェック
    認定産地においては、毎年度、出荷期間中に標準値を上回っていることの確認を行うこと。
産地の工夫
 土壌診断に基づいた土づくりや施肥などを適正に管理することにより、ビタミンC合成を高める取組を徹底するとともに、健全な草勢の維持や生産環境の改善等を図るため、宮崎県版GAPを導入しています。
 また、収穫後、ビタミンCの含有量を低下させないために、鮮度保持対策に取り組んでいます。
■商品ブランド産地認定基準
(1)産地規模がおおむね1ha以上であること
(2)計画的な生産・出荷を行っていること
(3)品質管理、検査体制、クレーム処理等の出荷体制が確立していること
■商品ブランド産地名
JA宮崎中央、JAはまゆう、JA都城、
JAこばやし、JAえびの市、JA児湯、
JA尾鈴、JA西都、JA延岡、JA日向
栽培ステージ
PDFデータをダウンロードする