みやざきブランド推進本部

健康の話
トップページ >> 健康の話 >> スイートコーン
宮崎牛
きゅうり
ピーマン
にら
トマト
ごぼう
にんじん
レタス
かんしょ
かぼちゃ
スイートコーン
いちご
マンゴー
きんかん
日向夏
へべす

杉田 浩一
社団法人
宮崎県ジェイエイ食品開発研究所
技術開発顧問 農学博士 杉田 浩一

イートコーンは、トウモロコシ(corn)の中の甘味種に属するものの総称で、雌穂の子実が未熟なうちに収穫するものです。トウモロコシはアメリカ原産のイネ科一年生草本で、すでに紀元前の新大陸(南北アメリカ)で栽培されていたといいます。新大陸のマヤ、アステカではトウモロコシとジャガイモの穀物文化があの壮大な帝国繁栄の原動力となったようです。

スイートコーン

コロンブスが新大陸を発見後、旧大陸のヨーロッパ、アジア、アフリカへそして全世界に伝播していったのが16世紀といわれます。その後、急速に世界の農業になくてはならない食糧作物として成長してきました。

さて、わが国のスイートコーンの歴史は意外に浅く、1579年にポルトガル人によってもたらされましたが、栽培コーンとしては明治37年、アメリカから北海道への導入が始まりといわれています。しかし本格的な食用種の栽培が奨励されるようになったのはつい最近です。

甘味種の中で人気の高いハニーバンタム(スーパースイート系)が爆発的なヒットを遂げた1970年以降になります。

スイートコーンには温暖な気候と多日照が必要です。気候風土的に南国宮崎はスイートコーンの生育にもっとも適しています。現在、宮崎市近郊の西都市、川南町、田野町、清武町などで約3,000トンが生産されています。品種はスーパースイート系のイエロー種(味来、ゴールドラッシュが主)で多収、食味を第一に吟味・選別されたものです。

スイートコーンの美味しさは何といってもやわらかい食感とジューシーな甘味でしょう。せっかく蓄えられた糖分の損失がなきように、収穫は日の出前の早朝です。収穫後は糖分が澱粉に変わらないうちに、できるだけ早めにゆでていただくのが美味しい食べ方です。

スイートコーンの栄養分は主として糖分で比較的高カロリーです。リン、カリウム、ビタミンB2、ナイアシンなどを含み代謝を促進してくれます。またタンパク質も含みますが必須アミノ酸に欠けますので、牛乳などと一緒に摂ることをおすすめします。スープ、バターソテー、サラダなどは効果的なメニューといえます。

蛇足ですが二番雌穂はヤングコーンとして利用されます。

また完熟種子(コーン)は人類にとっては重要で、飼料のほかパンやコーンフレークなどさらにコーンオイルにも利用されます。澱粉として分離されたコーンスターチは、ブドウ糖やアルコール原料、糊料、菓子や料理など非常に広範囲に活用されます。またアメリカの代表的バーボンウイスキーはトウモロコシを原料とする代表的なお酒。すばらしいコーン力です。

スイートコーンの季節を迎え、遠くマヤ文明を生み、地球人類を育んでくれた果てしないトウモロコシの原動力に感謝の思いを託したいものです。